デリヘルは営業時間事情

デリヘルの営業時間について

風俗は店舗型と無店舗型で営業時間の長さが違います。
基本的に店舗型風俗は深夜24時になると閉店します。
友人や同僚と飲み屋で盛り上がったあと風俗に行くかという話になっても24時を過ぎていれば利用することができません。

これは風適法によって定められていることなのですが無店舗型には適用されません。
つまりデリヘルなどの風俗店は24時を過ぎても営業を続けることができるのです。

お店によっては深夜2時、3時と営業時間を設けているところもあります。
多くのところは24時間営業なので時間帯気にせず利用することができます。

どの営業時間にデリヘルを利用する?

デリヘルの営業時間は基本的に24時間のところが多いです。
ただ利用する時間帯によって料金や待機している風俗嬢に違いがあるようです。

午前中から夕方まではサービスタイムを設けているところが多いです。
夕方から閉店時間までは通常料金になる場合が多いですが待機している風俗嬢の人数が多いです。

自分のニーズに合わせて利用する時間帯を決めましょう。

サービスタイムを利用する

デリヘルを利用する際サービスに求めることは人によって違うでしょう。
とにかくかわいい風俗嬢が良いという人もいればできるだけ料金が安いところが良いという人もいます。

デリヘルの中には格安店から高級店までありますので選ぶお店によってはお金を節約して利用することができるでしょう。

さらに多くのデリヘルでは午前中から夕方までの時間をサービスタイムとしている傾向があります。
そのサービスタイムを狙って利用すれば通常料金よりも安い料金でサービスを受けることができます。

風俗嬢は夜型人間が多い

とにかくかわいい風俗嬢がいいもしくは自分好みの風俗嬢がいいという人は夕方以降の時間帯を狙って利用してみると良いです。
風俗嬢の中には夜型人間が比較的多い傾向にあるようです。
実際風俗で働いている女の子の中には昼間は学生やOLをしているという人も少なくありません。

そのため学校や仕事が終わった時間帯に入っている風俗嬢が多いようです。
もちろん人それぞれの生活サイクルがあると思うのでそういったことだけが理由ではないかもしれませんが。

ただ夕方以降の時間帯を狙ったほうが比較的待機している風俗嬢が多いので自分好みの子に相手してもらえるかもしれません。